産毛を自分で処理する事のデメリットについて

顔 脱毛 ランキング デメリット

産毛を自己処理するというのは、いつでも好きなときにできる、即効性がある、コストがかからないなどのメリットがあります。
ですが、これらのメリットよりもデメリットの方が多いということをきちんと知っておきましょう。

 

産毛を自分で処理するデメリットで、もっとも気をつけなくてはいけないのが肌トラブルです。
自己処理の方法はいろいろありますが、産毛は毛抜きや除毛クリームなどでの処理が難しいので、カミソリや電気シェーバーを使うのが一般的です。
カミソリや電気シェーバーというのは、産毛を剃ると同時に肌の表面の角質層まで削り取ってしまいます。
角質層は肌を守るバリア機能の役割も持っているので、それを削ってしまうということは、外部からの刺激をダイレクトに受けてしまうことになるのです。
外部の刺激というのは、紫外線のダメージや大気中のホコリ、洋服の繊維、髪の毛などあらゆるものがあるため、常に肌はダメージを受け続ける状態になってしまいます。
そのため、肌荒れや乾燥、炎症などが起きやすくなってしまうというリスクがあるのです。

 

また、自己処理を繰り返していると、その刺激によってメラニン色素が大量に発生して色素沈着を起こすこともあります。
これは産毛が生えている毛穴に起こることもありますし、肌全体に起こって黒ずみの原因ともなります。
このような状態になったら、産毛がなくなっても綺麗とは言えないので処理する意味がなくなってしまいますね。
さらにカミソリなどでの処理は鋭角に産毛を切断するため、毛が濃くなってしまったり、毛穴が傷ついてぶつぶつが出来てしまったりもします。

 

産毛処理の情報の中には、自己処理をしても保湿ケアをきちんとすれば大丈夫、なんて無責任なものもあります。
しかし、自己処理のダメージは思っている以上に大きく、保湿ケアをしてもそのダメージはどんどん蓄積されてしまいます。
これがずっと続けば、その時は大丈夫でも肌の機能はどんどん低下してトラブルが起こりやすい肌になってしまうので、自己処理はデメリットだらけとも言えるのです。

 

⇒顔脱毛ランキング最新情報

 

 

 

 


関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所(皆さんはどの部位を脱毛したがっているか?)
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔脱毛を行った後のセルフケア方法
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
顔脱毛を行ってはいけないお肌の状態とは?(ニキビや日焼けなど)
医療レーザーで顔脱毛する時の注意点と主な流れ
顔を自己脱毛するときの注意点
家庭用脱毛器の選び方について
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛の回数は少なくても大丈夫?
顔脱毛するときの注意点
顔脱毛はエステでしたほうがいいって本当?
鼻下の顔脱毛は人気が高い
顔の産毛を脱毛しているおすすめの脱毛サロンは?どの箇所を脱毛してくれる?
顔の産毛を脱毛サロンで行う場合、どのくらいの回数や期間が必要?
顔の産毛脱毛って脱毛サロンではどうやって行われる?
産毛脱毛に効果的な脱毛法のお勧めは?
産毛脱毛を脱毛サロンで行った後の自分でできるアフターケア
背中の産毛は自分で脱毛できない?脱毛サロンで行うメリット
脱毛をした箇所は一般的に産毛は生えやすくなる?硬毛とは?
顔の産毛を脱毛するメリットと脱毛サロンの施術内容
女性のVIOラインの産毛は脱毛サロンで解消できる?
女性専用脱毛サロンRINRINで顔脱毛!勧誘はあるの?