顔脱毛の硬毛化って?脱毛をした箇所は産毛は生えやすくなる?

顔 ランキング 硬毛

 

産毛を安全に綺麗に処理するには、脱毛サロンで処理をするのがもっとも効果的です。

 

ただし、光の出力レベルや毛根組織の状態によっては、脱毛したのに太い毛が生えてくることもあります。
これは硬毛という現象で、光脱毛を行うことによって起こるリスクの一つになります。

 

硬毛とは?

硬毛というのは、簡単に言ってしまうと、脱毛した部位のムダ毛がそれまでよりも太く硬くなってしまう症状です。

 

一般的には産毛が生えている部分にしか起こらない現象ですが、その理由は科学的には解明されていないのが実情です。
ですが、光脱毛やレーザー脱毛をすることで起こる現象なので、硬毛が生えてくるのは光が大きく関係していると言われています。

 

光脱毛は、熱エネルギーを発生させる光をムダ毛に吸収させて脱毛していきますが、この熱量はムダ毛が濃ければ濃いほど大きくなり、ダメージも大きくなります。
そのため普通のムダ毛ならしっかりと脱毛効果を得ることができます。

 

ただ、産毛の場合だとメラニン色素が薄いため、光を当てても吸収率が悪いので、熱量も少なくなってしまいます。
熱量が少ないということはダメージも小さいので、毛根組織の機能を低下させることができません。

 

逆に、弱い刺激によって毛根組織が活性化されてしまうこともあるので、今までは産毛しか生えなかったところに硬くて太い毛が生えてきてしまうようになる場合があるようです。

 

ですので普通のムダ毛を脱毛する分には硬毛は起こらず、産毛の脱毛をすると起こる現象になるのですね。

 

ただし、硬毛になってしまっても、それは脱毛の通過点であり脱毛ができないということではありません。
産毛が硬毛化すれば、その分光から受けるダメージが大きくなりますから、脱毛効果が出やすくなるのです。

 

硬毛化した部分を脱毛すると、さらに太く濃い毛が生えてくるのでは、と心配になるかもしれません。
ですが硬毛化する原因は微弱な刺激による毛根組織の活性化であり、硬く太い毛にはこのような現象は起こらないので引き続き脱毛をすればきちんと処理できます。

 

 

⇒その他の顔脱毛エステはこちら

 

 

 


関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所。顔のみ脱毛できるところはここ!
顔脱毛後のアフターケア方法と注意点
顔脱毛をしてはいけない日焼け肌!こんなお肌の状態はダメ(ニキビや乾燥など)
医療レーザーで顔脱毛する!人気クリニックと注意点
顔の産毛を自宅でセルフ脱毛する!自己処理するときの注意点とコツ
顔脱毛するときの家庭用脱毛器の選び方
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
顔脱毛はエステやクリニックでしたほうがおすすめって本当?
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔の脱毛クリームってある?市販の産毛のセルフ脱毛アイテムの注意点
顔の脱毛には皮膚科を選んだほうがいい?その理由は?
顔脱毛で毛穴がなくなる?!開きが目立つ?黒ずみがなくなる?5つの効果とウソ
顔の産毛脱毛の効果がでる回数はどれくらい?どのくらいの期間が必要?
顔脱毛でニキビが悪化?!治る?ニキビ跡も安心の医療脱毛とエステBEST5
フラッシュ(光)脱毛の仕組み、種類。顔脱毛の近道
顔脱毛で後悔した?メリット(効果)とデメリット、産毛脱毛するべき理由はこれ!
ウルトラ美肌脱毛(ドクターパルス脱毛)は顔に効果を実感できる?アレキサンドライト、メディオスターと違いは?
脱毛の前後で飲酒はだめなの?お酒で顔脱毛を失敗しない方法
脱毛した後の運動はNGって本当?顔脱毛後にホットヨガをしたらダメ?
脱毛を受けた日のお風呂はダメ?術後の過ごし方について
アレキサンドライトレーザー脱毛の 回数はどれくらい?
ソプラノアイスプラチナムって効果ある?
医療脱毛したらほくろって消えるの?
ライトシェアデュエットで顔脱毛ってどう?効果ある?
埋没毛にご用心?脱毛によくあるトラブルについてご紹介
顔脱毛は医療レーザー脱毛ならシミが薄くなる効果も期待できる?
永久脱毛がなかなか終わらないのはなぜ?効果の仕組み
顔脱毛へ行く場合の化粧について・ノーメイクの方が良いのか
顔脱毛は痛いものなのか?刺激の強さについてチェック
脱毛は妊娠中に受けることが出来ないの?NGの理由について
子供の脱毛は可能なの?体毛の悩みを解消できるのか
プロウェーブ脱毛の効果ってどう?顔やVIOも大丈夫?