脱毛をした箇所は一般的に産毛は生えやすくなる?硬毛とは?

産毛を安全に綺麗に処理するには、脱毛サロンで処理をするのがもっとも効果的です。
ただし、光の出力レベルや毛根組織の状態によっては、脱毛したのに太い毛が生えてくることもあります。
これは硬毛という現象で、光脱毛を行うことによって起こるリスクの一つになります。

 

硬毛というのは、簡単に言ってしまうと、脱毛した部位のムダ毛がそれまでよりも太く硬くなってしまう症状です。
一般的には産毛が生えている部分にしか起こらない現象ですが、その理由は科学的には解明されていないのが実情です。
ですが、光脱毛やレーザー脱毛をすることで起こる現象なので、硬毛が生えてくるのは光が大きく関係していると言われています。

 

光脱毛は、熱エネルギーを発生させる光をムダ毛に吸収させて脱毛していきますが、この熱量はムダ毛が濃ければ濃いほど大きくなり、ダメージも大きくなります。
そのため普通のムダ毛ならしっかりと脱毛効果を得ることができます。
ただ、産毛の場合だとメラニン色素が薄いため、光を当てても吸収率が悪いので、熱量も少なくなってしまいます。
熱量が少ないということはダメージも小さいので、毛根組織の機能を低下させることができません。
逆に、弱い刺激によって毛根組織が活性化されてしまうこともあるので、今までは産毛しか生えなかったところに硬くて太い毛が生えてきてしまうようになる場合があるようです。
ですので普通のムダ毛を脱毛する分には硬毛は起こらず、産毛の脱毛をすると起こる現象になるのですね。

 

ただし、硬毛になってしまっても、それは脱毛の通過点であり脱毛ができないということではありません。
産毛が硬毛化すれば、その分光から受けるダメージが大きくなりますから、脱毛効果が出やすくなるのです。
硬毛化した部分を脱毛すると、さらに太く濃い毛が生えてくるのでは、と心配になるかもしれません。
ですが硬毛化する原因は微弱な刺激による毛根組織の活性化であり、硬く太い毛にはこのような現象は起こらないので引き続き脱毛をすればきちんと処理できます。

 

≫≫顔脱毛エステ人気ランキングはこちら

 

関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所(皆さんはどの部位を脱毛したがっているか?)
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔脱毛を行った後のセルフケア方法
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
顔脱毛を行ってはいけないお肌の状態とは?(ニキビや日焼けなど)
医療レーザーで顔脱毛する時の注意点と主な流れ
顔を自己脱毛するときの注意点
家庭用脱毛器の選び方について
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛の回数は少なくても大丈夫?
顔脱毛するときの注意点
顔脱毛はエステでしたほうがいいって本当?
鼻下の顔脱毛は人気が高い
産毛を脱毛しているおすすめの脱毛サロンは?どの箇所を脱毛してくれる?
産毛を脱毛サロンで行う場合、どのくらいの回数や期間が必要?
産毛を自分で処理する事のデメリットについて
顔の産毛脱毛って脱毛サロンではどうやって行われる?
産毛脱毛に効果的な脱毛法のお勧めは?
産毛脱毛を脱毛サロンで行った後の自分でできるアフターケア
背中の産毛は自分で脱毛できない?脱毛サロンで行うメリット
顔の産毛を脱毛するメリットと脱毛サロンの施術内容
女性のVIOラインの産毛は脱毛サロンで解消できる?
女性専用脱毛サロンRINRINの勧誘に関する情報