顔脱毛をしてはいけない日焼け肌!こんなお肌の状態はダメ(ニキビや乾燥など)

 

 

顔脱毛を行う際にはよく肌の状態を見極めて判断することが大切です。

 

肌に何らかのトラブルが生じている場合は、顔脱毛を行うことで更に肌の状態が悪化する可能性が高くなります。

 

目次

 

 

日焼け肌では顔脱毛できない理由

 

顔脱毛を行ってはいけない状態の代表的な例は日焼けをしている肌です。
強い紫外線を長時間浴び続けることで日焼けした直後の肌は、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。これは軽く火傷を負っている状態であるため、肌のバリア機能が極端に失われた状態となっています。

 

肌のバリア機能が失われたまま、顔脱毛を強行することは大変危険です。肌トラブルを招き、色素沈着を引き起こし何年経っても消えない状態となるので注意しましょう。しばらく経って肌が落ち着いてから脱毛処理をして下さい。

 

日焼けすると脱毛できない理由

肌トラブル(火傷)の恐れがある

医療クリニックで採用しているレーザー脱毛器がアレキサンドラレーザー、ダイオードレーザー(ライトシェアデュエット)の場合、日焼け肌では施術を断られます。
このアレキサンドラレーザーは、黒色、茶色、赤色に反応します。なので、ムダ毛の毛根部分だけでなく、肌の表面のメラニン色素にも強く反応してしまいます。その結果、肌が火傷してしまうため、レーザーの使用を断られます。

 

フラッシュ式の光脱毛を使っている脱毛サロンでも同じです。

 

痛みが増す

肌が黒いと、脱毛で狙っている毛根やムダ毛以外の広い範囲のお肌まで、レーザーや光が反応します。
そのため肌自体が熱エネルギーを吸収してしまいます。特に顔の皮膚は薄く、鼻下や口周りはかなり痛みが増します。

 

脱毛の効果が薄れる

同じ理由で、光やレーザーが広い範囲に拡散してしまうので、狙いたいところへ届く熱量が減ってしまいます。肌が黒いと脱毛器の出力を上げるわけにもいかないので、脱毛の効率がかなり下がってしまいます。

 

レーザー脱毛では、日焼けの程度はどれくらいならOKなの?

 

湘南美容外科では、屋外で1時間以上いた場合、照射はできません
見た目での判断ですが、首などと比べて地肌よりも焼けているなという場合もNGです。

 

これ以外でほんのり焼けている程度なら、脱毛器のパワーを下げるなどで対応してくれます。ただ、夏場は予約時間に店舗へ行っても、肌色の診断で帰らされる人がかなりいますので油断しないようにしましょう。

 

脱毛前のどのくらいの期間まで日焼けしてもいいの?

施術前の2週間前後には、日焼け止めを徹底すること!

 

日常生活でもほんのり焼けてしまうので、日ごろから日焼け止めを使うことは基本です。特に施術前の2週間は念入りに日焼けしないように気をつけましょう。
海や山へ行った、屋外で遊んだという時は一発アウトなので、特に肌が焼けやすい6月〜9月は注意しましょう。

 

 

さらに

ほんのり日焼けした場合→1か月
しっかり日焼けした場合→3か月

 

この期間は、レーザー脱毛ができません。
日焼け止めを使わないで過ごしていると、日常生活の中でも思っていた以上に肌が焼けてしまうことがあるので注意が必要です。

 

脱毛サロンの光脱毛でも同じように、脱毛を断られます。

 

脱毛した後も日焼けしてはダメなの?

顔脱毛をした後は、光でもレーザーでも肌が火傷をしている状態です。肌が日焼けした時と同じ状態になります。肌に強い負担がかかった後なのでリスクも高くなります・

 

肌の火傷→肌のバリア機能が極端に失われた状態→さらにメラニンが増える、炎症を起こす・・・

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

日焼け止めを脱毛の施術後にも使うこと、しっかりアフターケアで保湿をすることが特に大切になります。

 

脱毛の前でも後でも日焼け止めは必要ということです。
これをさぼると肌に思っている以上にダメージがたまり、メラニンがシミ、くすみ、そばかすになってしまいます。

・日焼け止め
・保湿
・鎮静(冷やす)

を脱毛後は徹底しましょう

 

脱毛は秋冬に始めるのがベスト

顔の脱毛は特に日焼けしやすい箇所なので、日差しが弱い秋や冬に始めるのがベストです。紫外線が少ない季節なので、肌も焼けにくいです。また、この時期は脱毛サロンもクリニックも予約が空いているので、脱毛もスムーズに進みます。
肌を焼かないことは美肌作りでも常識となっています。脱毛のためだけでなく、お肌のために簿紫外線を避けるため帽子をかぶったり、日焼け止めを習慣にしましょう。

 

要チェック!おすすめの日焼け対策

 

日焼け止めはSPF50以上を!

日焼け止めの数値は、SPF値とPA値という2種類あります。

SPF・・・紫外線B波を防ぐ時間(波長は短く、肌表面で肌を赤くしたり黒くする)
PA・・・紫外線A波を防ぐ効果の高さ(波長が長く、真皮層まで届く)

数値の高い日焼け止めを日常生活から使うことをおすすめします。

 

飲む日焼け止め

塗り忘れやムラ塗りがあった時でも、肌を焼かないようにするサプリメントも出ています。ニュートロックスサン配合のものは、ッ抗酸化、抗炎症の効果が高く日焼けしにくい肌になれます。

 

ホワイトヴェール

サングラス着用

 

ビタミンCとEを摂る

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える効果、ビタミンEは、活性酸素による酸化かラ肌を守る効果があります。ともに日焼け対策には欠かせない栄養素です。トマトなら一度でどちらも摂取出来ます。
ただ、柑橘系フルーツは、ソラレンという成分が含まれていて、紫外線の感受性を高めてしまいます。不安な時はサプリメントで摂取しましょう。

 

日傘、帽子、手袋も

日常生活で日傘や帽子を使うことで、より紫外線カットが効果的です。車の運転中もやけてしまうことがあるので、長めの手袋を用意するのもいいでしょう。

 

日焼けしても脱毛できるエステ、クリニック

 

最近は、これまでのレーザーやフラッシュ脱毛とは異なるアプローチで脱毛できる機械が出てきました。
痛みが少ない、日焼けした肌でも脱毛できるなど、これまでの欠点を克服した機械として注目されています。
SHR方式と呼ばれる蓄熱式脱毛機が、脱毛サロン、医療クリニックで採用するところが増えてきています。

 

ディオーネのハイバースキン脱毛

ディオーネ 顔脱毛

 

脱毛サロンのディオーネでは、ハイバースキン脱毛という方式の光脱毛を採用しています。、毛周期の中の休止期と呼ばれる毛に特殊な光を照射して発毛因子を減らす施術法です。高い温度で照射する必要もなく、メラニン色素に反応もしないので日焼け肌でも脱毛ができます。また。敏感肌、赤ちゃんにも脱毛できるくらい負担が少ないのも特徴です。

 

聖心美容クリニックのソプラノアイス・プラチナム

ソプラノアイスプラチナム(日焼け訴求)

 

ソプラノアイス・プラチナムという新しいレーザー脱毛器を採用しています。

 

蓄熱脱毛R方式(SHRモード)という新しい方式で脱毛できるのが「ソプラノアイス・プラチナム」です。

 

3つの波長を使うことで、毛母細胞や毛根の中のメラニンだけではなく、毛包にまで作用を及ぼすことができます。
※毛穴や毛根の周囲部分を毛包といい、ここに毛母細胞に発毛の司令を出す機能が含まれています。

 

クレアクリニックのメディオスターNextPro

CLAIR CLINIC official (価格無し)

 

メディオスターNextProを採用しているクリニックです。(新宿、渋谷)

メディオスターNextPro は、毛根という黒い色素へ反応して破壊するのではなく、バルジ領域という発毛因子を破壊することで脱毛するアプローチのマシンです。
黒色や色素には関係ないので、日焼け肌、地黒肌の人でも脱毛ができます。

 

→無料カウンセリングはこちら

 

 

その他の注意したい肌トラブルは?

 

ニキビがあるとだめ

同じように気をつけなければいけないのが、ニキビなどの肌荒れが起きている場合です。
ニキビが化膿し炎症を起こしている場合はとても敏感な状態にあるため、脱毛処理を行うのは避けて下さい。

 

・キレイモ
・銀座カラー
・ミュゼプラチナム
・脱毛ラボ
・エピレ
・ジェイエステ

 

上記の脱毛サロンでは、ニキビがあってもその個所を避けて、他の部分の脱毛はしてくれます。部分的にだけニキビができてるときは相談してみましょう。

 

⇒顔脱毛でニキビが心配、脱毛できない?増える?まとめて解説!

 

乾燥肌はダメージ大

極端に乾燥したお肌もバリア機能が失われている証拠なので、肌の状態を整えてから処理するようにしてください。

 

顔脱毛を行う際には肌が健康でなければいけません。
肌の健康状態を知るバロメーターとなるのが適度な潤いを保っていることです。

 

適度に水分を維持していなければ脱毛処理を行った後に何らかのトラブルを生じる可能性がありますので、事前に体調管理をしたり生活習慣を整えて特に保湿スキンケアを徹底するなどの準備を怠らないようにして下さい。

 

 

⇒おすすめの顔脱毛、人気ランキングはこちら

 

 

 

関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所。顔のみ脱毛できるところはここ!
顔脱毛後のアフターケア方法と注意点
医療レーザーで顔脱毛する!人気クリニックと注意点
顔の産毛を自宅でセルフ脱毛する!自己処理するときの注意点とコツ
顔脱毛するときの家庭用脱毛器の選び方
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
顔脱毛はエステやクリニックでしたほうがおすすめって本当?
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔脱毛の硬毛化って?脱毛をした箇所は産毛は生えやすくなる?
顔の脱毛クリームってある?市販の産毛のセルフ脱毛アイテムの注意点
顔の脱毛には皮膚科を選んだほうがいい?その理由は?
顔脱毛で毛穴がなくなる?!開きが目立つ?黒ずみがなくなる?5つの効果とウソ
顔の産毛脱毛の効果がでる回数はどれくらい?どのくらいの期間が必要?
顔脱毛でニキビが悪化?!治る?ニキビ跡も安心の医療脱毛とエステBEST5
フラッシュ(光)脱毛の仕組み、種類。顔脱毛の近道
顔脱毛で後悔した?メリット(効果)とデメリット、産毛脱毛するべき理由はこれ!
ウルトラ美肌脱毛(ドクターパルス脱毛)は顔に効果を実感できる?アレキサンドライト、メディオスターと違いは?
脱毛の前後で飲酒はだめなの?お酒で顔脱毛を失敗しない方法
脱毛した後の運動はNGって本当?顔脱毛後にホットヨガをしたらダメ?
脱毛を受けた日のお風呂はダメ?術後の過ごし方について
アレキサンドライトレーザー脱毛の 回数はどれくらい?
ソプラノアイスプラチナムって効果ある?
医療脱毛したらほくろって消えるの?
ライトシェアデュエットで顔脱毛ってどう?効果ある?
埋没毛にご用心?脱毛によくあるトラブルについてご紹介
顔脱毛は医療レーザー脱毛ならシミが薄くなる効果も期待できる?
永久脱毛がなかなか終わらないのはなぜ?効果の仕組み
顔脱毛へ行く場合の化粧について・ノーメイクの方が良いのか
顔脱毛は痛いものなのか?刺激の強さについてチェック
脱毛は妊娠中に受けることが出来ないの?NGの理由について
子供の脱毛は可能なの?体毛の悩みを解消できるのか
プロウェーブ脱毛の効果ってどう?顔やVIOも大丈夫?