顔脱毛を行ってはいけないお肌の状態とは?(ニキビや日焼けなど)

顔 脱毛 ニキビ

顔脱毛を行う際にはよく肌の状態を見極めて判断することが大切です。
肌に何らかのトラブルが生じている場合は、顔脱毛を行うことで更に肌の状態が悪化する可能性が高くなります。

 

日焼け肌

顔脱毛を行ってはいけない状態の代表的な例は日焼けをしている肌です。

 

紫外線を長時間浴び続けることで日焼けした直後の肌は、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。
これは軽く火傷を負っている状態であるため、肌のバリア機能が極端に失われた状態となっています。
肌のバリア機能が失われたまま、顔脱毛を強行することは大変危険です。
肌トラブルを招き、色素沈着を引き起こし何年経っても消えない状態となるので注意しましょう。
しばらく経って肌が落ち着いてから脱毛処理をして下さい。

 

ニキビ

同じように気をつけなければいけないのが、ニキビなどの肌荒れが起きている場合です。
ニキビが化膿し炎症を起こしている場合はとても敏感な状態にあるため、脱毛処理を行うのは避けて下さい。

 

乾燥

極端に乾燥したお肌もバリア機能が失われている証拠なので、肌の状態を整えてから処理するようにしてください。

 

顔脱毛を行う際には肌が健康でなければいけません。
肌の健康状態を知るバロメーターとなるのが適度な潤いを保っていることです。

 

適度に水分を維持していなければ脱毛処理を行った後に何らかのトラブルを生じる可能性がありますので、事前に体調管理をしたり生活習慣を整えて特に保湿スキンケアを徹底するなどの準備を怠らないようにして下さい。

 

≫≫顔脱毛エステ人気ランキングはこちら

 


関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所(皆さんはどの部位を脱毛したがっているか?)
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔脱毛を行った後のセルフケア方法
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
医療レーザーで顔脱毛する時の注意点と主な流れ
顔を自己脱毛するときの注意点
家庭用脱毛器の選び方について
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛の回数は少なくても大丈夫?
顔脱毛するときの注意点
顔脱毛はエステでしたほうがいいって本当?
顔の産毛を脱毛しているおすすめの脱毛サロンは?どの箇所を脱毛してくれる?
顔の産毛を脱毛サロンで行う場合、どのくらいの回数や期間が必要?
顔の産毛を自分で処理する事のデメリットについて
顔の産毛脱毛って脱毛サロンではどうやって行われる?
産毛脱毛に効果的な脱毛法のお勧めは?
産毛脱毛を脱毛サロンで行った後の自分でできるアフターケア
背中の産毛は自分で脱毛できない?脱毛サロンで行うメリット
脱毛をした箇所は一般的に産毛は生えやすくなる?硬毛とは?
顔の産毛を脱毛するメリットと脱毛サロンの施術内容
女性のVIOラインの産毛は脱毛サロンで解消できる?
女性専用脱毛サロンRINRINで顔脱毛!勧誘はあるの?