顔脱毛でニキビが心配、脱毛できない?増える?まとめて解説!

 

顔のムダ毛を脱毛したい、けれど、今、ニキビができててどうしたらいいかな…
顔の吹き出物は急に出てくるもので、困りますよね。今は治ってるけれど、生理中はできちゃうし・・・

 

ニキビに悩まされている女子が気になる顔の脱毛とのあれこれを、ここでまとめて解説していきます

 

 

1.顔脱毛したらニキビができるって本当

 

「顔を脱毛したら、そのせいでニキビができてしまった」、悪化したという人がたまにいます。おそらくは勘違いでしょう。確かに脱毛施術が原因で似たような症状になることはありますが、ほとんどの場合、ニキビではなく毛嚢炎(もうのうえん)です。

 

毛嚢炎は毛包炎(もうほうえん)ともいいます。穴を中心に小さくて浅い膿(うみ)をもち、かゆみや軽い痛みがあることがあります。ニキビを引き起こすのはニキビ菌(アクネ菌)ですが、毛嚢炎の場合は、ブドウ球菌です。ブドウ球菌は普段から顔や背中など体中の至るところの部位の表面にいます。光脱毛やレーザー脱毛の光照射でお肌が弱った結果、いつもならばはね返せるブドウ球菌を大繁殖させてしまうのです。

 

ニキビのように深刻になることはまれです。ただし、数日たっても軽くならないようならば、皮膚科に行ったほうがいいでしょう。また、予防を考えるのならば、脱毛施術を受けている期間は、いつも以上に丁寧に保湿ケアをしましょう。

 

2.逆に顔脱毛したらニキビが改善したって本当?

 

逆に顔を脱毛することで、すでにできているニキビが軽くなったり、ニキビができにくい肌質になるのが一般的です。「美肌効果もある」ということですね。

 

ニキビ菌は毛穴の中にたまった古い皮脂などをエサにし、そこに住み着いています。脱毛をすることで、毛母細胞は機能が止まって小さくなり、毛根もできません。その結果、毛穴のサイズは小さくなり、皮膚の上に開いた口まで小さくなります。皮脂がたまりにくくなりますから、ニキビ菌のエサも少なくなります。

 

3.ニキビ跡があると顔脱毛できない?

 

ニキビ跡があるからといって、必ずしも脱毛をあきらめる必要はありません。できるかどうかはコンディション次第です。最も大きな判断材料になるのが色素沈着の程度です。

 

光脱毛でもレーザー脱毛でも、皮膚の上から光線を当て、そのエネルギーで毛母細胞や毛根を高温にします。「皮膚の表面は色が薄いのd、光がすり抜ける」が前提です。しかし、程度のひどい色素沈着がおきていると、ここで光を止めてしまいます。毛母細胞などが高温にならないだけではなく、ヤケドを起こしてしまう可能性もあります。

 

もし、色素沈着を起こしているのが狭い範囲ならばそこだけ避けて施術することも考えられます。また、その程度までならば大丈夫化はその脱毛サロンやクリニックの判断次第です。使っている脱毛機器の性能もかかわってきます。簡単にはあきらめず、カウンセリングに足を運びニキビ跡をチェックしてもらったほうがいいでしょう。

 

4.ニキビがあるとやっぱり顔脱毛は断られる?

 

4-1.完全にNoといわれる場合

 

現在進行中のニキビの場合、重症ならば確実に断られます。この「重症」とは、「範囲が広く、炎症も起こしている」と考えればいいでしょう。特に化膿までしていたら考えてみるまでもありません。また、自分自身でも脱毛を考えるよりも先に、皮膚科で治療を受けることを考えましょう。

 

断られる理由は色素沈着のあるニキビ跡と同じです。肝心の毛母細胞や毛根にうまく光を届かせることができないのです。それに加え、熱によるダメージを与えてしまいますので、お肌のコンディションをさらに落とし、ニキビをいっそう悪化させてしまう可能性まであります。

 

ただ、そこまではひどくなく、ニキビの数も少ないようならば、そこにだけ光を通さないシールを張るなどの工夫で施術してもらえることが多いようです。

 

4-2.ニキビがあっても脱毛してくれる神サロン

 

「ニキビがあっても施術できる」をセールスポイントのひとつにしている脱毛サロンもあります。この場合も、「ニキビのある毛穴も脱毛できる」というのではなく、「ニキビのある毛穴は丁寧に避けて施術してもらえる」「ニキビがあるからといって、簡単には断らない」ぐらいの意味に考えるようにしましょう。

 

この理由でよく選ばれているのは、

 

・銀座カラー
・ミュゼプラチナム
・脱毛ラボ
・エピレ
・ジェイエステ

 

などです。

 

ただ、施術を避けたところは、そこだけムダ毛や産毛が残ることになり、中途半端な脱毛にしかなりません。ニキビが解決してから、今度はニードル脱毛で施術をするのもひとつの方法です。「痛みが強い」「料金も高い」のが理由で人気のなくなった脱毛方法ですが、毛穴ひとつずつ施術になるのがこの場合のメリットです。「ムダ毛1本でくら」といった料金設定をしているところならば、料金も抑えることができます。また、痛みに耐えるのもほんの数本分で済むでしょう。

 

5.ニキビがあるけど何とか顔脱毛したい!そんな時はどうすればいいの?

 

また、「中にはニキビがある部分であっても、脱毛処理ができる」「脱毛方法自体が違うので、ニキビにも負担が少ない」とする脱毛サロンやクリニックもあります。

 

5-1.脱毛サロンへいくのなら

 

ディオーネが採用している脱毛方法を「ハイパースキン脱毛」といいます。

 

脱毛サロンで一般的な光脱毛ならば、毛母細胞などは70度や80度にもなります。これだけの高温になってこそ、毛母細胞のたんぱく質が変質し、発毛機能も止まるのです。一方のハイパースキン脱毛ならば、40度にも届きません。効果の出し方も、たんぱく質を変質させるのではなく、毛母細胞の細胞分裂を促す発毛因子に直接働きかけます。

 

このためお肌への負担が少なくなっている、といいます。そのため、ニキビやニキビ跡、敏感肌へも安心して用いることができます。

 

5-2.医療レーザーで顔脱毛するなら

 

美容外科・美容皮膚科・美容クリニックといった美容系医療機関の場合、担当者は医師ですし、看護師もいます。設備や備品もお肌のトラブルにその場で対応できるように用意されています。ニキビのある人は美容系医療機関も有力な選択肢です。

 

また、脱毛サロンで採用されているのが光脱毛であるのに対し、美容系医療機関で採用されているのはほとんどがレーザー脱毛です。光のエネルギーを利用ことでは光脱毛と同じですが、医療用に開発されたレーザー機器を使い、必要な性質の光を正確に発生させます。

 

機種はいくつもあり、その特徴を分けるのは利用している光の波長です。代表的な光には、「アレキサンドライトレーザー(755nm)」「ダイオードレーザー(810nm)」「YAGレーザー(1064nm)」があります。これらの中で、ニキビがある場合に最も適しているとされるのが、YAGレーザーです。

 

ですから、もしニキビのある人が美容系医療機関で脱毛するのならば、YAGレーザーを使っている機種を採用しているところを選ぶのがおすすめです。

 

6.まとめ

焦る気持ちはわかりますが、一番の目的は、きれい肌になって自分に自信を持つこと!ですよね。

 

ニキビが現在進行形の人は、顔以外のところだけ脱毛をはじめて、顔はなによりも先ににきび治療に専念しましょう。全身脱毛コースなら。ほかの箇所の脱毛もどんどん進められるのでおすすめです。

 

その場合は、脱毛目的ではない、ニキビ治療目的で皮膚科、美容クリニック、フェイシャルエステを検討するのもいいでしょう。

 

ニキビが落ち着いた、治った後に顔の産毛脱毛を始めても全く遅くはありません。

 

今現在、ニキビに悩んでいるのならば、あまり軽視しないほうがいいでしょう。処理を間違えると、ニキビ跡にしてしまい、対策に何倍もの手間がかかったり、回復にも限度ができてしまいます。確かにムダ毛処理も美容上大事なことですが、先にニキビを解決するようにしましょう。

 

また、「ニキビ対策も脱毛も同時に進めたい」というのならば、どちらかといえば脱毛サロンよりも、総合的に美容を扱っているエステサロンの中の脱毛コースのほうがおすすめです。脱毛サロンはあくまで脱毛の専門店なので、担当者もニキビには詳しくないことが多いのです。エステサロンであれば、ニキビ対策や脱毛などの優先順位を決めて、同じ店の中で手際よく対策することもできるでしょう。

 

あるいは本当にニキビがひどいのであれば、なにを置いても治療です。エステサロンでも美容系医療機関でもなく、皮膚科で診てもらう必要があります。


品川スキンクリニック
品川スキンクリニック
全国21院の美容クリニック
ケミカルピーリング3610円
美肌エイジングケア 4170円
パール美肌 59920円/7400円
ニキビ医療のメニューも豊富です!

 

 

⇒少ない回数できれいになる!顔脱毛ランキング

 

 


関連ページ

脱毛を行う顔の中で人気の箇所(皆さんはどの部位を脱毛したがっているか?)
エステサロン・クリニックで顔脱毛を行うときの主なコースと流れ
顔脱毛を行った後のセルフケア方法
顔脱毛を行う前のお肌の処理・治療について
顔脱毛を行ってはいけないお肌の状態とは?(ニキビや日焼けなど)
医療レーザーで顔脱毛する!人気クリニックと注意点
顔の医療脱毛をしたいという女性の方へ、格安なおすすめクリニックをご案内しています。料金が安い、硬毛化保障つき、通いやすいなど永久脱毛が成功するポイントがわかります。
顔を自宅でセルフ脱毛する!自己処理するときの注意点とコツ
顔脱毛するときの家庭用脱毛器の選び方
顔脱毛は費用はどれくらいでできる?
顔脱毛するときの注意点
顔脱毛はエステでしたほうがいいって本当?
顔の産毛を脱毛しているおすすめの脱毛サロンは?どの箇所を脱毛してくれる?
顔の産毛脱毛って脱毛サロンではどうやって行われる?
顔脱毛の硬毛化って?脱毛をした箇所は産毛は生えやすくなる?
顔の産毛を脱毛するメリットと脱毛サロンの施術内容
顔の脱毛クリームってある?産毛のセルフ脱毛の注意点
顔の脱毛には皮膚科を選んだほうがいい?その理由は?
脱毛すると顔の毛穴は目立たなくなる?
顔脱毛は回数はどれくらい?どのくらいの期間が必要?
顔脱毛は何回くらいでできるのか?エステサロン、医療レーザークリニック、電気脱毛の目安をご紹介しています。
光(フラッシュ脱毛)の仕組み、種類。顔脱毛の近道